府中で学童を選ぶときには金額も参考にして比較しよう

いま、夫婦で共働きをされている世帯というのはとても増えている傾向があります。それに伴い、特に低学年のお子さんの放課後のことで不安に感じている方は多いです。保育園や幼稚園を卒園して、放課後一人きりになってしまうというのはやはり心配です。そこで昔からある学童を利用するのも一つの選択肢です。ちなみに、府中ではさまざまなところが運営していて、金額なども異なりますので、比較をして検討してみましょう。もちろん料金も大事ですが、それだけではなく、受験対策ができる、習い事も行うことができる、夕食が出たり、送迎などもしてもらえるといったオプションを利用することができるところもありますので、ニーズに応じて選んでいくことをおすすめします。口コミ評判も参考になります。

金額だけではなく、中身で選んでいきましょう

学童を選ぶときのポイントとして、どこが運営しているかということで、料金はばらつきが出てきます。区や市が運営しているところは、料金に関しても補助が出たりして、良心的な金額です。しかし、その分学校の宿題のことは管理してもらえるけれど、それ以外はちょっとおやつが出て終わり、もしくはそのおやつもなく18時頃で終わってしまうところもあります。 府中で今とても注目されているのは、受験の勉強もてきるところです。アカデミーが入っているため、選任の講師に受験対策としての学習もみてもらうことができますので、受験の準備も低学年から行っていくことができます。塾の送り迎えがネックとなって通わせられないというケースでも、送迎がついていたりしますので安心して任せられます。

習い事までできるところがあります

府中の学童には、ピアノ、ヴァイオリン、また将棋や囲碁などの小さい時から行っていることで、情操教育にもつながったり、思考力の向上にも役立つ習い事ができるところがあります。利用されている方の声もとても好評で、満足度もとても高いため、口コミでも広がっています。こういったところはそれなりに金額もかかりますが、塾にいったり、習い事に通ったり、また送迎のことなども考えていくと、メリットはとても大きくなります。 保護者の方の帰りが遅くなる時には、夕食まで提供してもらうことができるシステムになっているので、一人でご飯を食べるという寂しさを感じさせずに、安心して夫婦、シングルの方も働くことができます。 育児と仕事を両立させるために、こういったところを利用するのもおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加