府中の学童保育で友だちを多く作る

学童保育にはいろいろ面があります。学力を伸ばして、受験に備えるのが大切な面ですが、それだけにこだわり過ぎると子どものマイナスになることがあります。社交性を伸ばすことも、重要です。人間は一人で生きていくことはできません。学校に入ったら、友達と協力することが求められるようになります。人付き合いを学んでいくことが大切です。人付き合いに力を入れている府中の託児所もあります。そんなところに、子どもを入れるようにしましょう。話す力を伸ばすところだったら、友人はできやすくなります。話す力は人間が社会で生活するうえで、大切な能力の一つです。すぐには伸びないこともあります。しかし、いろいろな人と接することで伸びていきます。そんな科環境を提供してくれる学校を選びましょう。

友だちができやすい府中の学童保育とは

友だちを作ることは、子どもが生きる上で非常に大切な要素です。人間は社会的な動物です。大人になったら、いろいろな人と協力して、生きていかなければなりません。家庭を作る時にも人付き合いを基礎にします。友人を作るには、自分から話しかけていかなければなりません。同時に友だちの話もよく聞く必要があります。話す力を伸ばしてくれるところが、この地域にあります。そんなところを、できるだけ選びましょう。学力を伸ばすことも大切です。しかし、それだけにこだわり過ぎると、子どもは苦痛を感じてしまいます。保育士が子供の個性を尊重してくれる学校だったら、話す力は伸びていきます。子供が持っている能力を引き出してくれるからです。大人にくらべて大きな可能性を持っています。それを信じましょう。

聞く力や考える力も身に付ける必要がある

友人を作るために、特に必要になるのは話す力です。しかし、それだけは不十分です。バランスよく他の能力も伸ばす必要があります。聞く力を伸ばしてくれるところを見つけましょう。人の話をよく聞く人は、多くの人から好かれるようになります。自分のことを受け入れてくれると思われるからです。また社会に出た時は、多くの人と信頼関係を作れるようになります。幼い時からこのようなことに気をつけて、生活するのは大切です。自分の家ではできない場合もありますが、学童に行けば、保育士の指導を受けてできるようになります。考える力も身に付けるようにしましょう。それがあれば、思いやりのある人間になれます。相手の立場を考えられるからです。これを身に付けるのは容易ではありません。しかし、保育士から指導を受けて、多くの人と接するとできるようになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加